COSMO

爽やか悠々 北国の季節の移ろいと暮らし

一昨日、CoCoDeの帰りに、ヤマボウシの実はどうなっているかなとオピッタの方に足を向けました。
青空に近い上の方に赤い実が見えるけれどとても手が届く高さではありません。
木の下には熟して落ちた実がつぶれています。
後からパソコン仲間のSさんが追いつき、ジャムにしたいねと言って一緒に見上げたり、地面を見たりしていると、オピッタの職員らしき男性が3人通りがかり、木を揺らして実を落としてくれました。
カラスに散らかされるよりいい...というお気持ちだったようです。
せっかくのご親切を無にしてはならじと帰宅してすぐにジャムを作りました。
500グラムあったのが、さくらんぼのような種と粒々の皮を濾して煮詰めるとグラスに一杯ほどのジャムのできあがり。
なぜかほんのりサツマイモの味がします。

1page


cats



紅葉狩りに出かける機会を逸し、街路樹の落ち葉に晩秋を思うだけ。
昨日はウォーキング最後の地に神楽岡公園を選び、神楽の道の駅へ「食べL😊VEのWA」チケット販売の時間に合わせて降りてきて並び、1時間でget。
今回は中心部のお店じゃないので利用するつもりはなかったけれど、友人との話の流れで並ぶのを覚悟で行きました。ここは300組限定だそうです。
因みに、同じ時間帯でコンビニに並んだ友人は7分で完売になり買えなかったそうです。
最後に神楽杜のスパ、空いていてゆっくりお湯に浸かれました。

        緑の相談所側から入ると3色のグラデーションの木が目に入ります。
          多分、イタヤカエデ、ヤマモミジ、カツラだと思います。
  枯れ葉が舞い、足元は雨上がりの落ち葉ですべりましたが、1時間のウォーキング

IMG_0002-vert


お寺からのご案内文に、「寒冷の候」とありました。
そうか秋冷の候どころではないのかと思いました。

そのありがたい文章の一部をご紹介
今から約2500年前の12月8日、お釈迦様が悟りを得られました。
その中に「苦」という重要な教えがあります。
この苦というのは自分の思い通りにならない事から苦しみが生まれるというものです。
自分が思い描いた未来にならない時、まさかの事態が起きた時どのように対処すればよいのでしょうか。
それは普段から「安定で不変な生活など存在しない、生きていればいろいろなことが起こりうる」
と心のどこかで思っている。そうすれば有事の際いたずらに慌てず正しい見方ができ、少しずつ道が開けてくるものです。

ロナ禍で世界中の人々が大きな影響を受けた今年、まだまだ終息は遠い気がします。
散々苦労してきたのだから、年を重ねた今からは毎日平穏無事に過ごしたいという思いと苦しいのは自分だけじゃないという思いが交錯する日々です。
お釈迦様の教えは、苦を背負って生きていくことが前提であり、若い人に希望を持てと言えないような感じになります。
でも、覚悟を持って生きていくということは大事なことだとわかります。
安定、平穏が大好き、小さな楽しみを見つけることも大好きでたらたら生きてる自分自身への戒めです。


ゴルフや飛行場に行くとき東神楽の稲荷神社の前を通ります。
赤い鳥居に突き当たり信号待ちしている時、急な階段の先はどうなっているのだろうといつも気になっていました。
今日はお天気も味方につけスコアもよくいい気分で帰りに寄ってみました。

急な階段は予想より少なく楽に上がれました。途中にあるモミジや満天星躑躅がきれいでした。
三つの鳥居を通り抜けるとお狐様が迎えてくれ古い祠がありました。
木々の間から大雪山も見えました。
  
文が長くなってしまいました。できるだけ短く、写真も少なくまとめるように心がけているのですが、
今日はちょっとご迷惑...でしたね。


page1


page2
今年の紅葉は木の枝ごとに葉の色づきが違ったり、
葉も斑に紅葉しているのに気づきました。


昨日のウォーキングから
JRの高架線の北側はツタやツルウメモドキやノブドウ
などコンクリートの隙間から生えてどんどん大きく成長
しています。ヒビが入っていくのではないかと心配です。
page5

北彩都ガーデンで今咲いているのは夏から咲き続けている青い花たち
ノコンギク  ゲラニウム  ブルーサルビア   キャットミント

きれいな姿、顔が残っているうちに、
そろそろ片付けの時期になりました。
今日の作業は千日紅、エキナセアなど一年草の片付けでした。

終わったところで、新しく作ったピザ窯でピザを焼いていただき、みんなで楽しい時間をすごしました。タイル張りのかわいらしいピザ窯です。



anigif




page1


昨夜は火星の地球最接近を期待していましたが、月さえ見えない曇り空で残念。
科学館の天体を見る会(6日分)に申し込んだのですが、すでに定員オーバーでした。
北側の部屋の内窓がほんの少し隙間があいていただけで、外窓ガラスが一面水滴だらけになっていました。いよいよ結露のシーズン。
壁もカビで汚れてきたので、来週、調湿作用のある壁に張替えをします。
10万円の給付金を有効に使うことに。
最近は、気晴らしがてら車で出かけてぐるりと散歩です。
どこも秋の赤色がきれいです。

page2
    神楽岡公園 桂の木   秋には甘い香りを放ち遠くからでも
                桂の木があるとわかるくらい
                でも近づいてもわかりませんでした
          ヤマモミジ 小さい木ですが、真っ赤
          キタコブシ この種の形が拳に似ているのでコブシという説も 
          マユミ   歩く道沿いに かわいらしい実がたくさん   


page1
神居古潭のりんご農園
去年の味が忘れられなくて同じところに行ったのですが、
味は去年ほどではなかったです。

このページのトップヘ